2013年10月30日水曜日

Snake Skin Type

Endlers"Laguna de Patos" Japan Blue (Snake Skin Type)
 この個体はY型エンドラーズジャパンブルーの若い個体で、胸にこのような模様が入るタイプが時々生まれます。
 エンドラーズやハイブリッドでは、胸部にフィリグランと酷似したタイプをスネークスキンとかエンドラーズコブラとか言われているみたいです。
 
 とりあえず比較用にフィリグランを持ったグッピーとハイブリッドの画像を貼ります。

Orange Lace Round
 確かに両者の因子は胸部のみに限れば似ています。
 胸部のみ模様を入れて他には模様を入れないといった方向性で改良するなら使えそうですが、汎用性は低い・・・と言うより難しそうですね。 

Endlers"Laguna la Malagua" Filigran Japan blue
 鰭に模様を入れたり、他の因子と競合させるような使い方がメインの場合は、グッピー系のフィリグランの方が使い勝手が良さそうです。

4 件のコメント:

  1. エンドラーズのフィリグランをグッピーに援用した作例はあまり(ほとんど?)見かけませんね。グッピーとクロスさせると消滅してしまうのでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. ・Dooさん
      どちらかというと下地側の表現って感じで、他の因子と被ると見えなくなる感じだと思います。
      それに下側にメラニンが無い場合、目立たずあっても気付きづらいのかも知れません。

      削除
  2. 1枚目はY型ですか。スネークスキンが時々出るのは、Xからなのか、ただ下に隠れてるだけなのかわからないですよね。どうしてもBODYがグッピーのように大きくならないでしょうから、胸の模様は目立ちづらいかもしれませんね。
    それにしても3枚目はホントに恐ろしいほどのカッコよさです!

    返信削除
  3. ・よこちゃんさん
    スネークスキンタイプはY型エンドラーズジャパンブルーのラインから1年以上前から出現していたのですが、特に分けずに飼育しています。
    先入観でスネークスキンもY型と思っていましたが、確かにX型の可能性もありますね。
    3枚目の奴は予想を超えて良い感じになりました。
    水槽がたまたま余ってたから、とりあえず作ってみた魚とは思えない仕上がりですw

    返信削除