2011年12月31日土曜日

Endlers Hybrid Y-Endlers/Halfblack Red

Endlers Hybrid (Y-Endlers/Halfblack Red)
今回はこの系統の作出の経緯を説明したいと思います。
最初の計画は
1.青い頬の"Halfblack Blue"を作る。
2.ショートテールで赤い頬の"Halfblack Red"を作る。
この二つを並行して作出するのが目的でした。

まずは、"Endlers (Ruby Eye)"のオスと"Halfblack Blue(RRE.A)"のメスの交配でレッドとブルーを出現させました。

Endlers (Ruby Eye)
Endlers Hybrid Y-Endlers X-Halfblack Red
Endlers Hybrid Y-Endlers X-Halfblack  Red  (Rr)
この段階で、エンドラーズ由来の頬の赤が"Rr"の状態でも範囲は狭まるものの赤が発現する事が発覚し、”青い頬の"Halfblack Blue"を作る”計画は失敗に終わりました。

Endlers Hybrid Y-Endlers X-Halfblack Red (RRE.A)
とりあえず、"Halfblack Red(RRE.A)"のメスが余っていたので、"Endlers Hybrid X-Halfblack Red"と掛け合わせて"Endlers Hybrid X-Halfblack Red (RRE.A)"も作りました。
気分が変わったところで、今後の方針の練りなおしです。

もう一つの目的である「ョートテールで赤い頬の"Halfblack Red"を作る」を目指した交配を開始です。

1.X染色体の"Halfblack"をYに転座させる事を目標にした交配
"Endlers Hybrid X-Halfblack Red"のオス × "Endlers"のメス
2.常染色体の"Roundtail"を使用する事によって"Roundtail"にする交配 
"Endlers Hybrid X-Halfblack Red"のオス × "X-Filigran(Round)"のメス

この二つの方法を同時進行で実施しました。

1."Endlers Hybrid X-Halfblack Red"のオス × "Endlers"のメス
この交配では結局、"Y-Halfblack Red"は出現せず、失敗に終わりました。

2."Endlers Hybrid X-Halfblack Red"のオス × "X-Filigran(Roundtail)"のメス
この交配では"Roundtail"にはなりましたが、色彩があまり鮮やかではなく通常の"Roundtail Guppy"の様な魚になってしまい、"Hybrid"らしい鮮やかさはありませんでした。
しかし、この交配のF1の中に"Halfblack"のオスが一匹いる事に気付きました。

Endlers Hybrid (Y-Endlers/Halfblack Red : X-Filigran)
もしかしたら"Y-Halfblack"なのではないだろうかと思い、"Endlers"のメスと交配して検定してみたところ、全てのオスがショートテールの"Halfblack Red"となりました。
狙って交配した方が失敗して、予備の交配の方で成功するとは皮肉なものです。
しかし、結果として"Endlers Hybrid (Y-Halfblack Red)"という系統が新たに加わった事は本当に嬉しい事でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿